So-net無料ブログ作成
検索選択

メルセデスベンツ C クラスセダンの実用性 [自動車]

メルセデスベンツ C クラスセダンは、メルセデスベンツの看板的存在です。
実用性に当たっては、
 ・ラゲッジルームは開口部も広く、容量は、445Lを確保しています。
 
 ・また後席は、3分割の可倒式になっています。
 
 ・先進機能を含め充実に、標準で装備されます。


国産車と輸入車の定番ブランド [自動車]

国産車・輸入などたくさんの車が日本でも流通しています。
海外に行けばトヨタは日本の定番ブランドとして知られ、最近注目の車がレクサスです。
世界でも通用する高級ブランドして販売されているのが、レクサスになります。

値段は1台あたり500万円を超えるものが多く、決して安くはありません。
しかし、今まで高級車の定番ブランドと言えば輸入車の、ベンツやBMWが中心でしたが、
今ではレクサスも高級車の定番ブランドになっています。
ほかにも日産のGTRも世界に通用する高級車になっています。 

世界で人気のある定番ブランドと言えば、ベンツBMWが注目されます。 
高級ブランドではありますが、ベンツを愛用している人もたくさんいまして、
近くには買い替えのため、3代目ベンツw204の査定相場を知りたく、準備をしているのではないでしょうか。

ドイツ車は高級ブランドが揃っており、
ポルシェのようなスポーツカーは人気があります。
これらはレクサス同様、値段は安くはありません。

高いものであれば1000万円はします。
新車を購入すれば決して安くはありませんが、中古車であれば手の届く範囲です。
中古車であれば200万円を切ることもあります。
人気モデルであれば、中古車であっても新車並みに高いこともあるので、チェックが必要です。

憧れの定番ブランドであれば、フェラーリもあります。
赤のフェラーリを持っていれば、注目の的です。
ただし、中古車であっても1000万円を切ることは、なかなかありません。



5代目レガシーBM系売却と自動車保険の解約方法 [自動車]

車の買い替えなどで現在加入中の自動車保険を解約しなければならなくなったと言うケースは実際に起こり得ます。
レガシーBM系オーナーの人、5代目レガシーBM系を売りたい時に、どうすれば自動車保険を解約する事が出来るかがわからなければ、
不安に駆られて手続きを上手く行えないかもしれません。

ここではそうならないよう、自動車保険の解約方法についてご説明します。

まず、保険を解約するに当たり、その自動車保険が加入義務のある「自賠責保険」か、任意の加入である「任意保険」にするかで、
その条件は大きく異なります。

自賠責保険の場合、強制保険と言う事で任意の時期に解約する事は出来ません。
自賠責保険を解約できるのは「適用除外者となった時」「告知義務違反の時」「重複契約の時」「自動車を廃車にした時」
の4つの場合のみです。

これに対し、任意保険の場合はいつでも解約する事が出来ます。
まずインターネットや電話などで自動車保険の代理店に解約の意思を伝え、解約申込書を発行してもらいます。
そしてその申込書に記入し、手続きを行います。
詳細については代理店の説明を聞きましょう。 
こうして無事解約手続きが終わると、未経過の期間に応じて保険料が返還されます。

つまり、自賠責保険に関しては基本的に解約が出来ず、任意保険に関してはいつでも解約が可能、と言う訳です。
自賠責保険は条件面での差異は殆どなく、解約する理由は余りないので、これで不自由する事は滅多にないでしょう。

一方、任意保険は会社によって様々な相違が見られるので、自動車保険を選択する際は勿論、
加入した後でもどこか自分にとってベストかしっかり調査しておきましょう。



新車購入とローン [自動車]

新車あるいは中古車購入時、現金で一括支払いすればいいのですが、
大抵の方はローンやクレジットを組んで、毎月定額支払をしていく事になると思いますが、
現金で払うより支払額が多くなるのがローンです。

少しでも支払額を抑える為には、残価設定型のローンを組んだり、低金利のローンを利用したりします。
ローンを組むと毎月定額支払いとなりますが、
この時考えやすいのが「早く払い終わりたい」という事です。

それで月々の返済額を多くしてしまうケースがあります。
確かに毎月の返済額を多くすると、金利も少なくなり、総返済額は抑えられますが、
無理をしないというのが原則です。



第3のエコカー「アイドリングストップ車」 [自動車]

「エコカー」というと、トヨタ「プリウス」などのハイブリッド車や電気自動車が想像されるかもしれませんが“第3のエコカー”として「アイドリングストップ車」が名乗りを上げています。
日本においては、マツダが率先して採用し、追随して他のメーカーも採用しはじめました。
ガソリン車であっても低燃費で、さらに価格も低価格ということで、急速に普及するでしょう。

ドイツなどの欧州は環境意識が高く、すでにアイドリングストップ車が“エコカー”の代表格となっています。
欧州では、フォルクスワーゲンが1999年に先行してアイドリングストップ車を市場投入しましたが、当時はそれほど売れませんでした。
それが近年の“エコブーム”が追い風となって、2007年にはBMWが「1シリーズ」に導入しました。
2008年には、アイドリングストップ機能が標準搭載された小型車「Smart For Two mud」をメルセデス・ベンツが発売しました。
このアイドリングストップ車は、2008年12月には日本市場への投入もすでにされています。

アウディからは、2009年に「スタート&ストップシステム」として、アイドリングストップ車が登場しました。
2009年9月から11月に行われた調査によると、乗用車の販売が世界的に落ち込むなかで、アイドリングストップ車の販売台数は急激に増えており、世界の販売台数をみてみると、2009年は約90万4000台を見込んでいます。

なかでも、欧州市場がその大半を占めており、約88万1000台がすでに走っています。
今後欧州では、二酸化炭素の排出規制や、二酸化炭素の排出量が基準の自動車税制へ移行されることによって、いっそうアイドリングストップ車が普及するでしょう。